その他

パソコンを速くするためのその他の設定方法を紹介します。

エラー報告をオフにする

WindowsXPには、エラーが発生した場合にエラーの内容をマイクロソフトに報告する機能があります。初期設定ではエラーを報告するよう設定されているのですが、この設定を無効にすることによってパフォーマンスアップが期待出来ます。その設定は次のように行います。


各フォルダの表示設定を保存しない

エクスプローラーでファイルやフォルダーを表示する時に、写真の縮小版、アイコン、一覧、詳細など表示方法を選択することが出来ます。選択した表示方法は次回も同じものが適用されると便利なのですが、設定の保存に多少の処理時間を要します。この設定を保存しないようにすれば、エクスプローラーの動作の高速化が期待出来ます。


キーボードの反応を速くする

キーボードを使って文字を入力している時に、キーボードの反応が遅いと感じることは無いでしょうか。実は、Windowsが文字の入力の速さを調整しているのですが、この設定を変えることによってキーボードの反応を速くすることが出来ます。


デスクトップのアイコンの数を減らす

パソコンのデスクトップにプログラムや文書ファイルなどのアイコン(ショートカット)をたくさん置いている人がいます。しかし、処理速度の点でもWindowsの安定性の点でも関心出来ることではありません。デスクトップには出来るだけアイコンを置かない方がいいでしょう。


不要なフォントを削除する

パソコンを長い間使っていると、知らないうちに多くのフォントが入っていることがあります。Windowsは起動時に使えるフォントを読み込むようになっているので、フォントがたくさん入っていると起動に時間がかかったり、パソコンが不安定になったりすることがあります。そこで不要なフォントを削除します。


システムの復元を無効にする

「システムの復元」は、システムを以前の状態に戻してくれる非常に便利な機能ですが、安定稼働しているパソコンでは無効にしてもたいした影響はありません。無駄な処理を省くことでパソコン全体を高速化することが出来ます。


タスクバーの不要な機能を外す

タスクバーに不要な機能を表示しているとその分パソコンへの負荷が高まり、パソコンの動作が遅くなってしまいます。もちろん、必要な機能は表示しなければなりませんが、どうすれば不要な機能を表示しないようにすることが出来るのでしょうか?


Windowsの再インストール

このサイトに書いてある軽量化の方法は全部試してみた、しかし思うような効果は出ていない。もう打つ手は無いのでしょうか。最終的にはパソコンを買い換えることになると思いますが、その前にもうひとつだけ試してみて欲しい方法があります。それはWindowsの再インストールです。


最後の手段

このサイトに書いてある方法を全部試してみたけれども満足出来るほどにはパソコンは速くならなかった、Windowsの再インストールもやってみたけど全然ダメ、そのような時はどうしたらいいのでしょうか?