メモリー関連

パソコンのメモリー関係の処理を効率化したり、無駄な処理をやめることによってパソコンを速くするための設定方法を紹介します。

仮想メモリをオフにしてパフォーマンスをアップする

WindowsXPは仮想メモリシステムを持っています。実際にパソコンに搭載している物理メモリに存在しないページにアクセスが発生した場合は、ハードディスクをメモリの替わりとして使用します。しかし、ハードディスクは物理メモリに比べるとアクセスが桁違いに遅いので、この仮想メモリシステムがパソコンのパフォーマンス低下の原因になっている場合があります。


カーネルを常に物理メモリーに配置する

WindowsXPは、カーネルやドライバーを専用のメモリー領域に読み込みますが、一部を仮想メモリーにも読み込みます。仮想メモリーは物理メモリーに比べてアクセスが遅く、このことがパソコンのパフォーマンス低下の原因のひとつになっています。


ページングファイルのサイズを固定にする

ハードディスクをメモリの替わりとして使用するWindowsの仮想メモリシステムでは、ページングファイルのサイズが「初期サイズ」から「最大サイズ」の間で変化します。しかし、このサイズの変化によってページングファイルが断片化し、パソコンの処理速度が低下しています。


ページングファイルをより高速なディスクへ移動する

パソコンに起動ドライブ(Cドライブ)よりも高速なディスクが接続されている場合、通常は起動ドライブ(Cドライブ)にあるページングファイルをより高速なディスクに移動するとパソコンの処理速度が向上します。