ディスク関連

パソコンのハードディスクを操作することによってパソコンを速くするための設定方法を紹介します。

ディスクの断片化を解消してディスクのアクセスを高速化する

パソコンを長い間使っているとディスクが断片化して、ディスクのアクセスが遅くなってきます。そのような時のためにWindowsXPには標準で、ディスクを再編成して断片化を解消するためのデフラグというツールが付いています。


不要なファイルを削除する

パソコンを長く使っていると、パソコンの中はいつの間にか、自分でも何のファイルなのか分からないような正体不明のファイルで埋め尽くされてきます。不要なファイルを削除することでディスクの空き容量が増えるし、パソコンの軽量化にもつながります。


不要なWindowsコンポーネントを削除する

Windowsをインストールしたり、新しいパソコンを買ってきた場合、自分では殆ど使わないプログラムも一緒にインストールされている場合があります。それらのプログラムは、そのままにしておいてもディスク容量を圧迫するだけなので、速やかに削除してしまいましょう。


インデックスサービスでファイルの高速検索

WindowsXPには、「インデックスサービス」といって、ファイルを高速に検索する機能があります。これは、パソコンのアイドル時にファイルの内容やプロパティのインデックスを構築し、ファイルを高速に検索するというものです。初期状態では無効になっている「インデックスサービス」を、次のようにして有効にすることが出来ます。


Tempフォルダ内の一時ファイルを自動的に削除する

Windowsは使っている間にTempフォルダ内に一時ファイルが大量にたまってきます。この一時ファイルは、名前のとおり一時的に使うファイルで、Windows再起動後は不要なファイルです。このTempフォルダ内の一時ファイルを自動的に削除することによってディスク容量が無駄に消費されるのを防ぎます。