視覚効果関連

メニュー表示の待ち時間を短くする

スタートボタンを押した時や、メニューやマウスを右クリックした時など、メニューの表示には待ち時間が設定してあります。このため、メニューの表示がワンテンポ遅れます。この待ち時間を短くすると体感速度が向上し、気持ちよくパソコンの操作をすることが出来ます。


このメニュー表示の待ち時間を短くするには、「窓の手」を使うと簡単です。


窓の手」を起動したら、スタートパネルを選択します。そこで、スタートメニューの表示速度のスライドバーを一番左まで持って行きます。そして、設定反映のボタンを押せば完了です。


スタートメニューの表示速度のスライドバーを一番左まで持っていくとメニューの表示が速くなります。

SuperXP Utilities 7SuperXP Utilities 7

SuperVista Utilities LB パーティションワークス12 特別優待版 PowerX PerfectDisk 10 Pro Diskeeper 2009 Professional 2ライセンスパック 筆まめVer.20 アップグレード・乗り換え専用DVD-ROM

by G-Tools

2007年03月01日 23:11